早期退職&セカンドキャリア

早期退職 ⇒ 無職 ⇒ 再就職 ~ 壁を乗り越えるヒントとは?


こんにちは、ヤス@ロコ父さんです。

今回は大変僭越ながらも、

「再就職が比較的スムーズに行ったポイント」

みたいなことを書いてみたいと思います。

私の場合は早期退職して無職の期間が6ヶ月を過ぎたあたりから、

  • 給料は安くても良いから
  • 自分の技術的なスキルや経験が生かせるご縁が見つかるのであれば
  • そろそろ再び働こうかな?

と思い立って再就職活動に本腰を入れた結果(幸運にも)

その2ヶ月後に再就職できました。

外出自粛期間が2ヶ月間あったとはいえ、

無職の期間は8ヶ月間でした

 

早期退職後 なぜ再び働くのか?

50代後半 つまり60歳目前になって

「慣れない環境で再び働く」

こと自体、相当ハードルが高いと思います。

私の場合は幾つかの動機が必要でした。

  • 自営業で頑張ってきた(今は亡き)実父や後継ぎの長兄に申し訳ない気持ち
  • 老後資金 2000万円問題
  • ボケたり早死にしそうと思った(これと言った打ち込めることが無い自分は)

早期退職後 コロナ禍 でも 再就職 する動機とは? ~ 体と頭が動く内は働く

また

「コロナ禍の期間中は、無職でも自由を楽しめなくてつまらない」

とも思いました。

例えて言えば「雨の日は会社で仕事した方がマシ」という感じです。

一方で、強い動機(モチベーション)が無ければ

「中高年の再就職という高いハードルは越えられない」

と思います。

私の場合、再就職活動に本腰を入れる迄の約6ヶ月間は

「ほぼ働く気なしオーラ」で生活していました。。

人間、やる気が出ない時は、足掻(もが)いても

良い結果が出る可能性は低い、と(私は)思っています。

「よし、やろうか!」という動機が湧いてくるまで、

「機が熟すのを待つ気持ちも大事」

と思います。

 

50歳を超えたら現場力を身につけよう

私の場合、50歳の直前で管理職から外れて、

IT技術の開発・構築・運用という現場仕事に再び戻りました。

100%自分から望んだ訳ではなく上司の勧めもありました。

いま振り返ると、

「管理職で早期退職するよりも、早期退職するまでの8年間、

現場力に磨きをかけることができて良かった」

と思っています。

※仮想化技術やLinuxのOSSの実践技術など、管理職だった10年間でやりたくてもできなかった現場の技術を身に着けることができた

それから、中高年の再就職先は中小企業が圧倒的に多いです。

私が再就職した職場では、大企業出身の60歳過ぎの先輩方も

私と一緒に現場仕事をしています。上下関係はありません。

大企業の管理職だった人がマネジメント能力を発揮して

活躍できる場面は中小企業には少ないように思えます。

従って50代になって「早期退職後するかも?」

「でもその後は再就職するかも?」と予感する方は、

「一回り若い世代と一緒に現場仕事ができるような

メンタルとスキルセットと経験を身に着けてから」

早期退職に踏み切った方が良いと思います。

実際に自分で手を動かして結果が出せるスキルです。

それがIT系技術であれば(わがままを言わなければ)

再就職先には苦労しないと思います。

ただし(特に大企業で長く働いてきた人は)

「収入に対するプライドを捨てることが大事」

です。

 

ジェネラリストではなくスペシャリストを目指そう

再就職先では、私のように(中小企業の)中堅~幹部社員が

上司になる事が多いでしょう。

(あたかも自分の10年~15年前を見ているようです、笑)

契約社員だらけの中高年チームゆえに、上司は査定や評価をする

必要が無いので、上司にとっても気が楽な面もあるはずです。

それでも「自分が磨いてきた現場で通用するスキルや経験」

をもって、そのマネジメントを唸らせるようになれたら

「それはそれで素晴らしい」と思います。

「人や社会の役に立っている実感」も自ずと得られることでしょう。

それから、再就職先でお世話になるマネジメントは、

私のような中高年の契約社員をマネジメントする訳ですから、

(過去の若い頃はともかく、今ではもはや)

こてこてのマネジメントであり、ジェネラリストです。

ジェネラリストに重宝されるのは「スペシャリスト」です。

プライドが高いジェネラリストは必要とされないのです。

ここは「しんどくても管理職としてのプライドを捨てたり」

「もう一度スペシャリストに戻ることが大事」だと思います。

※再就職を目指すのであれば

 

無職も無駄な期間ではなかった?

私自身、数ヶ月のムショッカー生活を経験してみて

「ずーっと無職の生活は自分には無理」

「適度な外部からの刺激とプレッシャーが必要なタイプ」

と再認識できましたが、

決して厚遇とは言えない契約社員に甘んじて

「再び働こうか」と動き出した時点で、

プライドはほぼ無くなったと思います。

そういう意味では(私自身もおそらく周りから見ると)

「中小企業では扱いにくいプライドが高い大企業出身者」

として見られたはずですが、そんな自分が変わることが出来たのは、

無職の生活のお陰なのかも知れません。

 

何かご参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村

ランキングに参加中です。記事がお役に立った際はポチっと応援をお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

© 2021 ロコ父さんのブログ