早期退職&セカンドキャリア

早期退職後の働き方 ~ MUSTからWANTへのパラダイムシフト

[PHOTO : PAKUTASO]


こんにちは、ヤス@ロコ父さんです。

大手企業に勤務していて、53-55歳、つまり中高年になる頃には「セカンドキャリア研修」なるものを受講したりします。

「セカンドキャリア」とはキャリアチェンジを指す言葉です。

わかりやすい例としては「相撲力士やプロ野球選手が引退した後に飲食店を始める」などが思い浮かびます。

その研修では、グループディスカッションをしたり適性診断などをして「自分の好きなこと・したいこと」を見付けたりします。

ですが、1990年前後に終身雇用を前提としてサラリーマンになった世代にとっては、いまいちピンと来ないのではないでしょうか?

ご多分に漏れず私の場合も、研修を受けてはみたもののセカンドキャリアに向けて具体的なアクションにつながる起点とはなりませんでした。

 

50代後半になって「したいこと」とは?

私の場合、30数年間にわたって情報通信・企業向けISPなどでIT系エンジニアリングの仕事をしてきました。

「やってきた仕事の内容は自分がしたいことか? それとも出来ればしたくないことか?」

と問われると、

「自分がしたいことです」と即座に答えられます。

中学生の頃から自分でパーツを集めて電子工作をしたり、高校生になると電気部の部長をしながら無線機や原始的なPC(MZ-80, PC-8001などのZ80機)を触ったりるのがするのが好きでした。

その頃から何となく「将来は電子、通信、計算機科学のエンジニア」をイメージしていたので「どんな仕事に就こうか?」とこれまで悩んだことがあまりなくて、ほぼイメージ通りにエンジニアの道を歩んできました。

私は過去2回、20代後半と30代中盤で転職しましたが、その時の動機は「待遇の不満」「会社の将来性への不安」「人間関係の不満」がおもな理由でした。

こんな私なので、

  • エンジニアとしてやっている仕事の内容が嫌だと思ったことが殆どない
  • 実際にやってきた仕事内容が「したいこと」だった

のです。

ですから会社のセカンドキャリア研修を受けた時なども、

  • キャリアチェンジってなに?
  • 他に自分がしたい事と言えば趣味くらいしかないんだけど(釣り、ゴルフ)?
  • どうすればいいの?

こんな調子だったのです。

(ここが私の浅墓な所なんですが、退職した今になってようやくわかりました。汗;)

おそらく会社でセカンドキャリア研修を企画した人の意図としては、

定年後も見据えて(主に次の仕事として)「自分がしたいこと」 (WANT)

を真剣に考えて欲しかったのでしょう。

シンプルに考えると、自分の場合は「したいことの部類に入るIT系の仕事」を「早期退職後もやれば良い」となります。

確かにそれも一つの選択肢ではあるのですが、この年になってくると「地域に根差した働き方」「直接的に人の役に立つ働き方」「定年を気にしなくていい働き方」への関心が強くなってきています。

 

「しなければならないこと」ってなんだろう?

私はこれまで、

  • 結婚する
  • 子供ができる
  • 持ち家を取得する

などの理由で、

30代以降の20数年間を「しなければならないこと」(MUST) で生きて来ました。

ここで言う「しなければならないこと」を整理してみます。

  • 飯を食べる、ために稼ぐ
  • 衣服や家電を購入する、ために稼ぐ
  • 子供を養育する、ために稼ぐ
  • 持ち家を購入する、ために稼ぐ
  • 住宅ローンを払う、ために稼ぐ

なんだか「稼ぐ」ばかりで嫌な感じですが(笑)、「稼ぐ」は手段で「住宅ローンを払う」が目的ですね。

下の方にゆくにつれて稼がなければいけない金額も大きくなります。

「子供を養育したり」「持ち家を購入したり」するためには沢山稼がないといけない訳です。

これは一般的な(ありふれた)生き方です。

つまり多くの中高年は、

「しなければならないこと」(MUST) で20数年間を生きて来た

ということになります。

(当たり前のことかも知れませんが..)

 

早期退職したら、MUST から WANT へのパラダイムシフトが必要

ところが50代も中盤の中高年になる頃には、

  • 子供を養育することは終わった
  • 住宅ローンは終わった
  • 親も一部は他界して面倒を見る負担も少なくなった

という「足かせが少なくなった」状況になります。

こうなると、

「MUST (To Do) がどんどん少なくなっている」

ので

「自分がしたいこと」「好きなこと」を仕事にする人も出てくるわけです。

つまり、

これまでMUSTとしてやってきた「なるべく収入が多く」とか「なるべく社会的地位も高く」ではなく、逆の発想に転換してゆく必要

も出てくるのです。

 自分の中での MUST から WANT へのパラダイムシフト

パラダイムシフト:

パラダイムシフト ( paradigm shift )とは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう

(引用元:Wikipedia)

別の言い方をすると

「好きなこと・したいこと、をやろうと思うなら、収入や社会的成功は二の次、三の次にする」

という心構えが必要なんだろうと思います。

  • もしも、「好きなこと」をやりながら且つ「高い収入」や「社会的成功も得ようとすると、いつの間にか「したいこと」(WANT)が「しなければならないこと」(MUST)になってしまうのではないか?
  • 本当に「したいことをする人」は、昼飯や晩飯の時間も忘れるくらい「好きなこと」に没頭するくらいの勢いが無ければ、そうは言えないではないか?

と私は思っています。

 

「できること」CAN はMUSTか?WANTか?

ただでさえ、

「MUST と WANT の生き方は分かっているつもりでも迷う人がいます」

(そう、私の事です、汗;)

しかも中高年ともなれば今まで身に付けてきた「スキル」「経験」「資格」があります。

これにより、「できること」 CAN という別の軸も出て来ます。

しかし「できること」について考えてみると、

  • 長年仕事としてやってきたから「できること」になった
  • 「できること」になったから、それが楽しくなった(好きになった)
  • 逆に「できること」にはなったが、好きにはならなかった(仕事と割り切ってやってきた)

こんな感じでしょうか。

自分が思うに「できること=CAN」 は、MUST か WANT を補助?後押し?する要素と考えた方が良さそうです。

 

「好きなこと」「したいこと」 とはなんだろう?

足かせの少なくなった早期退職後の生き方の選択肢としては大きく3つあると思います。

  1. 「仕事をしない」「趣味に生きる」「あるいは何もしない」
  2. 「好きなこと」「したいこと」を仕事にする
  3. 「したいことではないがお金や社会的名誉のために」仕事をする

私の場合は「65歳くらいまでは、"2" の生き方をしたい」と考えています。

たぶん "1" の生き方でも家計的には何とかなると思いますが、自分の性格上 "1" の生き方は出来ない(やらない方がいい)と思っています。

(経済的に恵まれなかった思春期の影響、月月火水木金金だった親の影響、なのかも知れません..)

ちなみに私は資産運用(=株式の売買)が嫌いではありません。細々とですが20年間もやってきているので、むしろ「好きな方」でしょう。

じゃあ「自分は資産運用も好きだから、それを仕事にしよう」という考えるとどうなるのでしょう?

(もちろん、運用益だけでは衣食住を賄えないので、そんな単純な話でもありませんが..)

資産運用は一見「したいこと」WANT に見えますが、「しなければならないこと」MUST に近いと考えています。

なぜならば、私の資産運用は「見返りのためにやっている」からです。

「より多くの報酬」

を求めている時点で、

「好きなこと」「したいこと」

からは乖離していると思うのです。

 

真の「好きなこと」「したいこと」

「見返りを超えたところにある」

のではないでしょうか?

そして、その結果として衣食住に間に合う程度の報酬(見返り)が頂ければラッキー。

「早期退職した足かせの少ない中高年は、そんな風に生きるのがカッコいいのではないか?」と思う今日この頃です。

ご参考になれば幸いです。

にほんブログ村

ランキングに参加中です。記事がお役に立った際はポチっと応援をお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

© 2021 ロコ父さんのブログ