早期退職のノウハウ・体験談

早期退職後、無職から再就職した動機 ~ 後悔の念はなく、心身の健康のため

[Photo: PAKUTASO]

こんばんは、ヤス@ロコ父さんです。

57歳にして早期退職後に8ヶ月ほど無職のプータロー生活を過ごした私ですが、

今回は私のように「じっとしていられない」タイプの「早期退職者あるある」です。

退職する直前から半年くらい経過するまでの「心境の変化」を

一例(ああ、こんな人もいるんだ~)としてご紹介したいと思います。

 

早期退職した直前と直後の心境は「ようやく自由になれた」

30数年間にわたり割と真面目にサラリーマンをしてきたからなのか、

57歳で早期退職した「直前・直後の気持ち」は

「ようやく自由になれた!」

「当面は今までやれなかった事をやってみようかな」

でした。(解放感いっぱい、笑、汗;)

実際には想定外のコロナ禍により時代の変化に翻弄されてしまいますが、

「コロナの状況もあるし、しばらくはゆっくりしようかな」

って心境でした。

割増退職金も入るので精神的には追い詰められてはいませんでした。

 

早期退職後の2-3ヶ月間の心境は?

最初のうちは

「退職後の諸手続きで無職の生活も落ち着かないなぁ」

なんて思っていましたが、やがて無職の生活にも慣れてくると、

「30数年間まじめに働いてきたんだから」

「しばらくは無職の生活を楽しむのも悪くないよね~」

私の場合はこのタイミングで、前からやってみたいと思っていたブログを立ち上げました。

ADSLや光ファイバー接続のブロードバンドインターネットが普及する足並みに合わせて、

インターネット接続サービスを提供するためのインフラを構築・運用・保守サポートする業務に10年以上携わっていましたので、

IT系の事は大概は理解していたのですが、Webコンテンツ管理系のWordPressはほとんど未経験でした。

ずっと「いつか本格的に取り組んでみたい」と思っていました。

WordPressを触るのもほぼ初心者だったので

「本やネットで勉強しては実践してみる」

というサイクルを(無職の期間中は)過ごしていました。

日々新しい発見や実践した結果が出たりするので結構充実感はありました。

それから「退職金をどう運用しようか?」という課題もあり株の売買もそれなりにやっていました。

 

プータローになって3ヶ月~半年経過すると 心境の変化が...

退職後3ヶ月を過ぎたあたりから私の心境も変化し始めました。

「う~ん、無職の生活にも飽きてきたのかな~」

「でも、もう少しこのままでいいかな?」

「やはり、このままじゃイカンかな?」

世の中がコロナ禍から少し元に戻り始めたのも、心境の変化に拍車をかけたのかも知れません。

それで、

私の場合は

「もう少しこのままでいいかな?」と

「やはり、このままじゃイカンかな?」

1ヶ月周期くらいで交互にやってきました。

最終的にはこのサイクルが3回くらい回ったタイミングで、

友人・先輩・再就職カウンセラーからの助言もあって、

「このままブラブラしていても、時々バイトとかすれば経済的には何とかなりそうだけど」

「体と頭がまだ動く内はフルタイムで社会参加というか労働しないと」

「ボケてしまいそう」だし「早死にしそう」

と思って本腰を入れて再就職活動をしました。

その結果として、いまは契約社員として現役時代に比べれば緩い(ゆるい)感じで

仕事をしている自分がいます。

 

後悔の念はなく、何かやらなきゃ済まない性格

世の中には、私のように「何かやらなきゃ済まない性格」「じっとしていられない性格」の方がいらっしゃると思います。

そんな方が早期退職や定年退職をして、しばらくは無職の生活を楽しむことが出来ても、

やがては「何かしなきゃ」という気持ちが浮上してきます。

再就職カウンセラーの方もおっしゃっていましたが

(そんな性格の方は)

「まぁこのままでもいいか」「やっぱり何かしなくちゃ」

サイクルの何処かで行動を起こすことが大事

とのことでした。

「そこで一歩を踏み出さなかった場合は、そのままズルズルと1年くらい経過してしまう」

とも仰っていました。

勇気を持って「次の一歩を踏み出す」ことも大事

別の言い方をすれば良い人生経験かな? と思う次第です。

以上、ご参考になれば幸いです。

関連記事:

 

にほんブログ村

記事がお役に立った際はポチっと応援をお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品をご紹介、適格販売により収入を得ています。