早期退職

早期退職の損得勘定 ~ 50代後半 無職からの再就職

[PHOTO : PAKUTASO]


こんにちは、ヤス@ロコ父さんです。

50代中盤ともなると「早期退職の損得勘定」について職場の仲間内ではしばしば話題に上ると思います。

私の場合は早期退職して約8ヶ月間の無職生活ののち再就職してから、

ようやく「早期退職の損得勘定」が見えてきました。

そこで、

「早期退職したことにより失った給与収入

 再就職でどれくらい穴埋めできそうか?」

を試算してみたいと思います。

 

早期退職前は、損得勘定を考える余裕ゼロ

早期退職に応募する直前の2020年1月の私は、

事業構造改革、つまりリストラにより「早期退職」の募集に手を上げざるを得ないという、

とても残念な状況に置かれていました

2019年になってから再び事業部の全体収支が

赤字に転落していました。(売り上げ規模:1,500億円)

(これでも2000年前後は利益率15%はあったそうです、驚)

それで、2020年春までに不採算のプロダクト・サービス・組織を削減する7年ぶりの大きな事業構造改革が始まりました。

私が50歳の時に、この事業部に異動してキーマンの1人として立ち上げた商材も収束方向になってしまいました。

事業部全体では仕事が無くなる人(=社内失業者)が10%くらいは発生しそうな計画でした。

それで、そうなってしまった人については、

40歳くらいまでなら他の部署などに異動することも可能ですが

50代後半ともなると余程、周到な根回しと強力なコネがない限り「社内異動はまず無理」です。

2020年の1月~2月の「僅か1~2ヶ月間という少ない時間軸」の中で、

「社内外への異動・転身の模索の日々」が続きました。

そんな状況下では、

早期退職の損得勘定なんて考えている余裕は一切ありませんでした。

 

どのくらい「もらい損ねた」のか?

どのみち60歳に向けて収入は減って行くのは既定路線ですが、具体的な減少額はわかりません。

退職金の割り増しは頂けましたので、

月給部分で貰い損ねた部分は少なく、だいたい1年分くらい。

賞与分が数年分くらい貰い損ねた感じでした。

ざっくり見積もって、

「3年分の賞与 + 1年分の月給」

を貰い損ねたとしてみると、

 約1,300万円くらい貰い損ねた計算になります。

ちなみに「再雇用はどのみち選択しない」つもりでした。

時給が夜間のコンビニバイトと同じくらいになるからです。

参考記事(ビズパークの記事):

再雇用でもらえる給料の相場

前の職場(売り上げ規模が1,500億円の事業部)では、

再雇用を選択する人は定年退職者の3割にも満たず、

再雇用で残られた先輩方も「つまらなさそうに仕事をしていたので」

選択肢に入れていませんでした。

 

今後60歳までの期待収入は?

次に早期退職した後、60歳までに得られる収入を計算してみます。

■既に頂いた雇用保険の給付金:約 180万円

再就職したので仮にあと3年間は働き続けたとして、

60歳までに得られる給与収入:約 1,080万円

合計:約1,260万円

となりました。

貰い損ねた分が約1,300万円の試算でしたので、

何とかプラスマイナスゼロくらいになりそうな見込みとなりました。

 

お金のためだけではなく心身のために働く

私は教育機関の契約社員として再就職しています。

1年毎の契約更新ですが、今の調子でそこそこ成果を出していれば、5年間は継続して頂けそうです。

つまり、60歳になって仕事を探さなければならない状況になる可能性は低くなりました。

それなりの成果を出していけば(かつ経営状態が悪化しなければ)

65歳までは今のまま働き続けられる可能性が高まった点は大きなプラスポイントだと思っています。

私が「再就職をしよう!」と決めたときの状況:

  • やってきたITインフラ系の仕事以外に特に「やりたいこと」が見つからず
  • 体と頭が動くうちは、働いた方が心と身体によさそうと思った
  • 65歳まで無職を続けてしまうと経済的に窮屈な老後になってしまいそう
  • 再就職後の給与収入は、月次の収支が少しのプラス域で良しとする
  • 預貯金を大きく取り崩さずに65歳を迎えたい

まぁ早期退職前から比較すると収入は半減ですが、

心身の健康維持のために、地道に(地味に)働くことにしたのです。

再就職した職場での仕事がいつまで続く(続けられる)のかは分かりませんが、

心と身体に適度なストレス・張り合いを与えつつ、

「新しい生きがいを探す余裕もそのうち出てくるだろう」

と思っています。

最後に、

私の場合は「リストラという市場原理と組織の非情な力学」により、

「損得を考える余裕もないままに、早期退職を選択せざるを得ない」といった事情でしたが、

今振り返ってみると「変に損得勘定に縛られずに早期退職できてよかった」

と思います。

結果的に、「早期退職が生涯年収的には大きな損にならずに済んだ」ので大変ラッキーだった訳ですが、

「損得勘定のみで早期退職を自ら決断してしまうと、

 もしも再就職後に思い通りに行かなかったときに後悔してしまう」

と思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

参考記事:

早期退職を決めたら ~ まずは無職の間の「家計収支」を把握しよう!

早期退職後 ~ 確定拠出年金(DC)からiDeCoへの移換

退職金の使い方と運用方法

リストラによる早期退職の優遇制度 ~ 割増し退職金の相場は?

リストラで早期退職を選択せざるを得なかった(私の場合)

 

にほんブログ村

ランキングに参加中です。記事がお役に立った際はポチっと応援をお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

© 2022 ロコ父さんのブログ