早期退職のノウハウ・体験談

もしも定年退職して再雇用を選択していたら ~ 収入&仕事のモチベ 激減だったかも

悩ましい問題ですが前向きに捉えましょう

こんにちは、ヤス@ロコ父さんです。

もしも、2020年の春に57歳で早期退職していなかったとしたら、今頃は「再雇用」を選択していた可能性があります。

早期退職した会社には同じ大学から10人ほど入社しましたが、自分が早期退職で辞める頃には「自分を含めて残り3人」になっていました。

技術者としては待遇が良いのと、一度は大変な経営状態になった時期(1万人単位のリストラを2-3回実施)を乗り越えてきた会社ですから、「個人のパフォーマンス v.s. 報酬」に対する評価がきちんとしてい=厳しくて、取り分け50代後半にとっては生き残るのが大変でした。

先日、もうすぐ60歳定年を迎える友人から「再雇用の案内が来たけど、処遇が悪すぎるので断った」と連絡がありましたので、

今回は「もしも自分が再雇用で働いていたらどうなっていたのか?」をご紹介したいと思います。

 

再雇用を選択する人は5割にも満たない会社でした

私が勤めていた会社は、技術者にしては

30代~40代の現役世代の処遇は業界でもトップクラスの会社でしたが、

その原資を確保するためか、再雇用の処遇は業界でも最低クラスでした。

一方で、30代~40代の現役世代の処遇がそれ程良くない会社では、再雇用の給与は「現役世代の60%」と社内でアナウンスしている会社もあります。(実際にその条件で再雇用で働いている友人がいます)

私が勤めていた会社では「再雇用の処遇は業界でも最低クラス」だったせいか、定年前に辞める人が後を絶たず、57歳で早期退職する時になって同期入社の仲間を見渡してみると「あれ〜、3割しか残っていないよ」ってなっていました。

なので60歳定年になって「再雇用」を選ぼうものなら、「いまいち仕事が出来ないヤツ」って見られる雰囲気がありました。

それだけ実務能力においても高いレベルの方々が集まっていた会社だったことに、今更ながら感心したりしています。笑;

じゃあ「60歳定年前に辞めて行った人は何やってんの?」となりますが、多くの方々が中小企業やベンチャー企業に再就職して(それなりに)活躍されています。

 

再雇用の処遇はどれくらい酷いのか?

59歳になると「再雇用を選択しますか?どうしますか?」と聞かれるのですが、

実務能力に自信のある方々のほとんどが「こんな処遇じゃあ、やってられない」と転身を考えて実行に移します。

どんな処遇なんでしょうか? こんな ↓ 処遇です。

■月給

20万円 (少なっ!!)

今どきの大卒新入社員の方が多く貰えます。

■ボーナス

30万円 (標準額)

会社が黒字で平均的な勤務評定をもらった時の賞与額です。

■年収

20万円 x 12ヶ月 + 30万円 = 270万円

■59歳の時と比較すると何%ダウンなのか?

上記(再雇用)の年収の3倍くらいは平均してもらっているはずです。

つまり、

59歳正社員の年収 ⇒ 750万円

60歳再雇用の年収 ⇒ 270万円

となり、率にして65%ダウンとなります。

いくら現役世代の処遇が業界トップクラスといっても、これは無いんじゃないですかねえ。。

 

60歳定年後の再雇用の処遇を客観的に評価

次に再雇用の労働条件を客観的に評価してみます。

■労働時間

月間155時間

フルタイムの会社員としては平均的な勤務時間です。

■月給

23万円

年1回支給される賞与(ボーナス)を月割りで3万円としました。

■時給に換算

230,000 / 155 = 時給1483円

となりました。

■飲食店の夜時間のアルバイト時給と比較してみる

・塚田農場 ⇒ 時給1500円

・博多一風堂 ⇒ 時給1500円

・はま寿司 ⇒ 時給1625円

・松屋&松のや ⇒ 時給1625円

つまり、(あえて乱暴な言い方をすれば)

「夜に飲食店で働いている学生やおばちゃん達のアルバイトの方が社会貢献度が高い」

ということになります。

これでは「働かないオジサン」と揶揄されるのも「仕方ないかなぁ」と思ったりもします。

「再雇用で働いて、やる気が出る方がおかしい」ですよ、ホント。

 

実務能力に自信があれば、契約社員や派遣社員で働く

私が早期退職して無職だった時期に「再就職しよう!」と決めたときの状況は、

  • やってきたIT系の仕事以外に「やりたいこと」がなかった
  • 体と頭が動くうちは「働いた方が明らかに心身共に良い」と思った
  • 65歳まで無職を続けてしまうと、経済的に窮屈な老後になってしまう
  • 再就職後の給与収入は、月次の家計収支がトントンで良しとする
  • せめて63歳くらいまでは健康保険と社会保険が整備されている職場で働こう

57歳の時に(実際には58歳目前でしたが、)契約社員として再就職しましたが、

「早期退職前から比較すると収入は50%ダウン」

でしたが、もしも再雇用を選択していたとしたら

「再雇用では57歳時点と比較すると収入は65%ダウン」

となっていました。

今は再雇用と比べれば年収ベースで100万円以上は良い処遇なので、私が「リストラ」「早期退職勧奨」で受けた心のダメージも癒されてゆくこのかもしれません。

同時に早期退職した仲間の1人は、いま「IT系の派遣社員」で働いていますが 時給:2500円 だそうです。

例えばIT技術など手に職がある方は、派遣社員の方が報酬的な満足度は高くなるようです。

以上、ご参考になれば幸いです。

 

参考記事:

早期退職の損得勘定 ~ 57歳 再就職して3年働けば収支はプラス

50代後半 早期退職からの再就職 ~ 半減した収入と仕事内容のバランス

50代後半 早期退職からの再就職 ~ なぜ収入が半減以下となるのか?

 

にほんブログ村

記事がお役に立った際はポチっと応援をお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品をご紹介、適格販売により収入を得ています。