早期退職&セカンドキャリア

任意継続から国民健康保険に切り替えるには?

[PHOTO : PAKUTASO]


こんばんは、ヤス@ロコ父さんです。

私のように早期退職優遇制度で早期退職すると「会社都合での退職扱い」となります。

この場合、会社の健康保険を任意継続するよりも、国民健康保険の減額申請をした方が出費が少なくて済みます。

ですが「深く考えずに任意継続を申し込んでしまった」場合は、どうすればよいのでしょうか?

やることは1つ、「任意継続をやめる」です。

ですが、方法論として2通りのアプローチがあります。

 

ハードランディングな方法

これは私が退職前に相談に乗ってもらったFPの人から「ここだけの話し」ということで聞いた方法。

健保組合の任意継続は保険料の振り込みが期日までに無い場合、強制解約となります。

つまり「保険料を支払わなければよい」のです。

滞納すれば健康保険組合を強制脱退扱いとなりますので、制度的には必然的に国民健康保険に切り替わります。

(国民全員が何がしかの健康保険に入ることが法律で義務付けられているため)

これで脱退手続きは完了です。

その後、健保組合から「資格喪失通知書」が送られてきますので、それを持って市町村役場に行って国民健康保険の加入手続きをすれば切り替えが完了します。

 

ソフトランディングな方法

これは同時に早期退職した仲間から聞いた方法。

深く考えずに「うっかり任意継続を申し込んでしまった」パターン。

で、その仲間が取った方法は、保険料の振り込み期日までに事前に健保組合に電話で連絡して、

コールセンターの方に

「経済的な理由で任意継続の保険料の支払いが厳しくなったので、健保組合を脱退したい」

と言えば、細かい詮索もされずに脱退手続きができたそうです。

その後、健保組合から「資格喪失通知書」が送られてきますので、それを持って市町村役場に行って国民健康保険の加入手続きをすれば切り替えが完了します。

 

役場に行く際には「雇用保険受給資格者票」を持参すること

ここでは「会社都合の退職」が前提ですので

お住まいの市町村役場に行く際には必ず

「雇用保険受給資格者票を持参して国民健康保険の減額申請」

をしましょう。

そうすれば「前年度の収入を1/3と見なしてくれます」ので、

向こう1年間は国民健康保険の費用負担が1/3になります。

たまにしか病院に行かないような健康的な(会社都合で退職の)早期退職者にとっては、

健康保険は一種の税金みたいなものです、

うまく節約しましょう。

関連記事:

早期退職者は言った 〜 国民健康保険か?任意継続か? それが問題だ(お得なのはどっち?)

 

 

にほんブログ村

ランキングに参加中です。記事がお役に立った際はポチっと応援をお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

© 2021 ロコ父さんのブログ